Causes of tooth decay

マイクロスコープは精密な治療を実現するためには不可欠な器材です

虫歯とは、歯の表面や歯と歯の間に付着するプラーク(歯垢)から作り出される、酸によって歯が溶かされる病気のことです。
プラークは細菌のかたまりで、プラーク1mgには約10億もの細菌がひしめいています。そして、虫歯の主な原因菌とされるのがミュータンス菌です。
ミュータンス菌はアメやチョコレートなどのお菓子に含まれる砂糖が口の中に入ってくると活発に働き、より一層歯垢が生成され虫歯が悪化していきます。

歯垢はうがいだけでは簡単に落ちず、歯ブラシや歯間ブラシを用いなければきれいに落とすことができません。

症状がひどくなれば歯を削らなければならない場合もあります。
しかし、できれば自分の歯は削るような治療はしたくないですよね?

虫歯を悪化させないためには、歯磨きをしっかり行うなどお口の中の衛生管理を行い虫歯や歯周病が進行しにくい環境を整えることが大切です。

進行してしまったところは最小限の治療を行なっていきます。

Degree of progress

虫歯は通常、進行状況によってC0~C4の段階に分類されます。

C0

C0(脱灰)

痛みはありませんが、白濁が見られます。この段階の虫歯は、適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

C0

C1(歯の表面の浅い虫歯)

冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。 治療は虫歯の部分を削り、主に部分的な詰め物で保護します。

C0

C2(歯の表面の浅い虫歯)

エナメル質の内側の象牙質までむし歯が進行した段階です。
冷たいものや甘いものがしみるようになる他、ときどき痛むこともあります。

C0

C3(神経まで進行した深い虫歯)

この段階までくると、激しい痛みを感じる場合があります。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)をかぶせます。

C0

C4(歯の根まで進行した虫歯)

歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。
最悪の場合、抜歯が必要となります。
抜歯後の選択肢としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

なるべく痛くない虫歯治療

表面麻酔の使用

マイクロスコープを使用した虫歯治療

治療部位へ麻酔をする前に表面麻酔を施します。
表面麻酔は歯茎に塗布することでその部分の感覚をマヒさせ、麻酔薬を注射する際の針の痛みを和らげるのが目的です。

麻酔液を体温程度に温める

マイクロスコープを使用した虫歯治療

歯科治療に使用する麻酔薬は骨の中の神経に作用し感覚をマヒさせることで治療の痛みを抑えることができますが、注射前に麻酔液を人の体温程度に温めると注射する際の痛みを軽減できます。

細い注射針を使用する

マイクロスコープを使用した虫歯治療

注射針を細い針にすると皮膚にあたる面積が少なくなることで痛みを感じにくくなります。当院では歯科治療機器の中でも最も細い針を使用してゆっくりと薬剤を注入することで、麻酔の際の痛みを極力抑えています。

Micro

マイクロスコープは精密な治療を実現するためには不可欠な器材です

マイクロスコープは、脳神経外科や眼科など繊細な手術で活用されていますが、歯科治療にも活かされている先端医療機器です。

恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、肉眼の25倍もの視野を確保するマイクロスコープを活用しています。肉眼では捉えられなかった箇所を的確に把握することができ、ミクロン単位での治療を可能にしてくれる精密機器を使い、より精度の高い治療を行う当院に、ぜひご相談ください。

拡大視野で行う治療は歯の寿命を延ばすことにつながります

確実性の高い診査

肉眼で直接確認できる箇所を中心とした治療では、見えない箇所は歯科医の経験や勘に頼らざるを得ませんでした。そのため、どうしても治療の精度が低くなり、再発や再治療の原因にもなっていました。

恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」ではマイクロスコープを導入しており、25倍もの拡大視野で病巣をしっかりと可視化できますので、治療の効果を高めることができ、健康な歯の維持につなげています。

最適な治療

同じ箇所に何度も起こる腫れや痛みは、病巣に潜む細菌が取り切れていない場合に多く見受けられます。マイクロスコープなら、歯の細部までしっかりと確認しながら感染源を取り除けますので、何度も繰り返す腫れや痛みを防ぐことができます。

逆に取り除く必要のない歯を、不必要に削らずに済むようにしてくれるのもマイクロスコープの特徴です。肉眼では見えない、細かな箇所まで視野を確保できますので、削るべき箇所をピンポイントに絞った治療が可能になり、歯の寿命を延ばすことにもつながります。

精度の高い治療

歯の寿命を延ばすには、歯の健康を保ち、細菌の再感染をできる限り抑制する必要があります。インレーやクラウンなど、歯を修復するための治療が適切でなければ、細菌に感染しやすくなるため、精度の高い治療こそが大切になってきます。

恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、すべての治療にマイクロスコープを活用しておりますので、肉眼で行う治療とは比較にならないほどの精度の高い治療が可能です。健康な歯を長く維持する治療なら、ぜひ当院にご相談ください。

最小限のダメージ

視野を25倍にも拡大できるマイクロスコープを使うことで、より繊細な治療の選択が可能になります。外科処置では、切除箇所を最小限にして組織へのダメージを抑えたり、傷口をより細い糸で縫ったりでき、術後の腫れを軽減し、早く治りやすいのも大きなメリットです。

マイクロスコープを使用した虫歯治療

マイクロスコープを使用した虫歯治療

虫歯治療では、虫歯の箇所だけを正確に削り、健康な歯を守る侵襲性の少ない治療が大切です。神経に達しそうな重度の虫歯でも、できる限り神経を保存できるよう、慎重に虫歯を取り除く必要があります。恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、こうした精度の高さが求められる処置で活躍するマイクロスコープを使用していますので、精密な治療が可能です。

歯を削る量を最小限に抑えられます

歯は、自然に再生することがないため、削れば削るほど健康な歯を維持することが難しくなります。削るべき箇所を見極めて必要な部分のみを削れる、マイクロスコープを活用した治療で、歯の寿命を延ばすことにつなげましょう。

精度が上がることで再治療の可能性が激減します

精度が上がることで再治療の可能性が激減します

せっかく審美治療で美しい歯を手に入れても、長く維持できなければ意味がありません。歯とセラミックなどのインレー(詰め物)の間にわずかでもすきまがあれば、そこから虫歯菌や歯周病菌などの細菌が入り込み、再治療が必要になってしまいます。そのならないためには、治療の精度を上げ、できる限りすきまをなくすことが大切です。

恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、肉眼の25倍も拡大できる、マイクロスコープを活用しておりますので、ミクロン単位での治療が可能です。審美治療なら、ぜひ当院にご相談ください。

奥歯が痛くて銀歯を外してみたら虫歯だった!

恵比寿駅西口徒歩3分の恵比寿南DENTALでは、奥歯の銀歯の下の虫歯の治療にも対応しています。
痛くなった歯の原因を調べるために銀歯を外して虫歯治療も行います。

患者さんの審美性に優れた健康な歯をサポートする「恵比寿南DENTAL」は、患者さんの健康な歯を維持するために、予防メンテナンスにも力を入れています。どうぞお気軽にご相談ください。

健康な歯を維持する、
予防メンテナンスはこちら