endo

重度の虫歯は歯の根から治します

根管治療は、歯の根である「根管」の中に入り込んだ細菌を除去し、丁寧に殺菌・洗浄を行ったうえで、細菌感染を防ぐ薬剤を充填して封鎖する治療を指します。根管は1本1本形状や本数が異なり、枝分かれの仕方も複雑です。そのため、非常に精密な技術を必要とする治療の1つです。根管治療は工程が多く、長い時間を必要としますが、歯を残すためには必要な治療ですので、しっかりと治して行きましょう。

精密さが根管治療成功のポイントです

歯科用CTによる精密検査

歯科用CTによる精密検査

精密な治療が求められる根管治療では、患者さんの根管の状態や顎の骨をしっかりと分析することからはじめます。恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、3次元のレントゲン撮影が可能な歯科用CTを使用し、顔全体360°様々な角度から患者さんの口腔内の状態を確認しています。2次元のレントゲン撮影では確認できない、口腔内の状態や病変の正確な把握は、根管治療を成功させる大切なポイントの1つです。

マイクロスコープの拡大視野による精密な治療

マイクロスコープの拡大視野による精密な治療

口腔内にある歯の根管は、1本1本すべて形状が異なる複雑な構造になっています。また根管内部は非常に狭く、枝分かれの仕方も複雑で、肉眼でそのすべてを確認することはできません。これまでは、歯医者の経験や勘で行われていた治療ですが、すべての細菌を取り除くことは難しく、再感染・再治療が必要になることも多々ありました。

恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、肉眼の25倍もの拡大視野を持つマイクロスコープを導入しています。削りすぎれば歯が割れ、感染箇所の削り残しがあれば細菌が再拡大する、とても繊細な治療には必須ともいえる精密機器です。根管の内部や状態を正確に可視化するマイクロスコープなら、精度の高い根管治療が可能ですので、再感染・再治療のリスクを下げることができ、健康な歯の維持につなげられます。

ラバーダムによる再感染・再治療防止

ラバーダムによる再感染・再治療防止

治療中の根管に患者さんの唾液が入ってしまうと、せっかく殺菌・洗浄を行っても再度細菌が根管に入り込んでしまいます。ラバーダムとは、根管に唾液が入らないようにする薄いゴム状のシートを指します。恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」では、根管治療時にはこのラバーダムを使用し、根管内に細菌が入り込むのを防ぎ、再治療のリスクを極力下げられるように努めています。

根管治療は回数のかかる治療です

根管治療は、様々な工程を経て治療が完了します。

  • 1:根管内の神経や感染箇所をすべて取り除く
  • 2:洗浄と殺菌を行う
  • 3:空洞になった根の部分に薬剤を詰める
  • 根管治療は回数のかかる治療です
  • 根管治療は回数のかかる治療です
  • 根管治療は回数のかかる治療です
  • 根管治療は回数のかかる治療です

根管治療は、根管の状態にもよりますが一般的には5~10回ほど通院治療が必要になります。ですが、歯の根管は1本1本構造が異なるうえに、根によって感染状況も様々で、非常に複雑です。患者さんによっては、治療回数増えてしまったり、治療の効果を確認しながら慎重に進めたりすることもあります。

また、根管の治療後には土台を入れたり、インレーやクラウンなどをかぶせたりする治療も必要になります。回数がかかる治療ですが、途中で治療をやめてしまうと、せっかく洗浄した根管が再感染してしまうこともありますので、最後までしっかりと治療して行きましょう。

短期集中治療も可能です

短期集中治療も可能です

「忙しくてなかなか通院できない」、「出産前に治療を完了させたい」など、何度も通院することが難しいという患者さんには短期集中治療を行っています。本来複数回に分けて行う治療を1回に集中して進め、上質でより丁寧な治療を行っています。短期間で治療を完了させたいなどのご希望は、お気軽にお申し出ください。

マイクロエンドで歯の根っこを綺麗に!

恵比寿駅西口徒歩3分の恵比寿南DENTALでは、マイクロスコープを使用して肉眼で見えない繊細な治療も行っております。
恵比寿で歯の根っこの治療や歯の色の変化や歯面にあるヒビの治療を行えます。
お気軽にご相談ください。

精密な技術や医療器具を駆使することがカギになる根管治療は、恵比寿の歯医者「恵比寿南DENTAL」にご相談ください。ご予約は、お電話はもちろん、Webでも行っておりますので、こちらからご予約をお願いします。

Web診療予約はこちら