セラミックを用いた前歯の審美治療②
News Detail

こんにちは。

恵比寿駅近くの歯医者、恵比寿南DENTALの院長井出です。

今回は前回に引き続き前歯2本のセラミック治療を行ったケースを紹介させて頂きます。

[患者]
40代女性

[主訴]
昔治した前歯の被せ物が気になる
変色した歯も治したい

[診断]
まずはレントゲンとお口の写真です。
恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL セラミック治療

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 審美歯科

右上の前歯1本は以前に被せ物を入れたようですが、被せ物と歯肉の境目に隙間ができており色も隣の歯と比べて暗い色になってしまっています。
前歯の被せ物は金属のベースに白い材料を盛ったタイプのものであり、どうしてもベースの金属の色を拾ってしまうので隣の健康な歯に比べて暗く見えてしまいます。
さらに被せ物と歯肉の間に隙間ができることでベースの金属が見えてしまい、さらに暗い印象になってしまっているのが見受けられます。
また右上の犬歯は神経を取ったまま放置されていた為変色してしまっています。
神経を取り根管治療を行った歯は時間の経過とともに暗い色に変色していきます。

[治療方法]
患者様には右上の前歯と犬歯の2本のセラミックを用いた被せ物による治療を提案し、同意を頂きました。
まず今回は右上の前歯2本の根管治療やり直しました。
昔やった根管治療からある程度時間が経過している場合は中の状態が劣化している場合も多く見られる為、土台からしっかりやり直すことをオススメします。
その後仮歯を入れました。
その後仮歯の調整及びホワイトニングを3回行い周囲の歯の色を明るく透明感のある色にしました。
そしてマイクロスコープを用いて肉眼の10倍以上の視野で歯と歯肉の間を精密に形を整えて、型取りを行い無事セットまで完了致しました。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL セラミック治療

こちらがセット後の写真になります。
被せ物と歯肉の隙間は完全になくなり、金属を使用しないセラミックの被せ物を用いたので周囲の天然歯と完全に調和した被せ物をセットすることができました。
患者様も2本治しただけなのに笑顔の印象が全然変わりました‼︎と感動して頂けました。

[治療回数]
今回は2回の根管治療、仮歯の調整、型取り、セットと5回での治療と3回のホワイトニングを行いました。

今回は金属を使用した古い被せ物が不適合になってしまったことと、神経治療をしたまま放置してしまったことが原因の審美トラブルのケースでした。
恵比寿南DENTALでは審美治療におきましても原因をしっかり究明し、患者様にとってこれが最後の審美修復治療になるように精密な治療を心がけています。
セラミックによる治療は病院によって値段も違いますが、値段だけではなくその治療がどれだけ精密に行われているのかということも含めて是非考えて頂きたいです。
セラミックを用いた審美治療は無料相談も行っていますので、恵比寿南DENTALまでお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る