歯の神経を残す為の虫歯治療‼︎
News Detail

こんにちわ。
恵比寿駅近くの歯医者の恵比寿南DENTALの院長井出です。

先日当院で行いましたセラミックを用いた虫歯治療について紹介させて頂きます。

[患者]
20代女性

[主訴]
左の歯がしみる、物を咬むと痛い

[診断]
まずレントゲンの画像です。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 虫歯治療
白く写っている詰め物が銀歯で、その下に黒い
影が認められます。
また銀歯の隣の歯及び後ろの奥歯2本にも黒い影が認められます。
これは過去に一度虫歯治療を受けた場所が再度虫歯になってしまっている状態です。

[治療方法]
お口の中の写真です。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 虫歯

金属の詰め物とプラスチックが入っていますが一見問題はなさそうに見受けられます。

次に手前の銀歯を外した写真です。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 虫歯

外してみると銀歯の中は歯がドロドロに溶けてしまっていて大きな虫歯が認められます。

虫歯を丁寧にすべて取り切りました。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 虫歯治療

歯と歯の間は適合の悪い修復物の影響で歯肉が炎症を起こし出血が認められます。
またかなり大きい虫歯であったため歯の神経に近いところまで虫歯が進行し健康な歯を大きく失ってしまった状態でした。

このような大きな虫歯の場合は患者様には治療後痛みが出る可能性及び歯の神経を取らなければいけなくなる可能性を必ず説明します。

今回患者様は可能な限り神経を取らずにしっかりとした精密な治療をご希望されましたのでセラミック材料を用いた修復治療を行いました。

こちらはセラミックセット時の写真です。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL セラミック治療

周りの歯の色とも調和した適合の良い修復物がセットできました。
歯の神経もなんとか保存することができ患者様には大変喜んで頂けました。

[治療回数]
今回は虫歯がかなり大きかったこともあり経過のチェックを行いましたので4回で最終的なセラミックの詰め物がセットとなりました。
通常の大きさの虫歯の場合でしたら、2回もしくは3回で治療は完了します。

今回は神経を保存することに成功しましたが、もし神経を取らなければいけなくなってしまった場合は根管治療が必要になりますので治療の回数はさらに増えますし、将来的な予後は神経が保存されている歯と比較しどうしても不安な面があります。

虫歯治療では早期発見、早期治療による神経の保存が最も重要となります。
その為には定期検診によるチェック、もし虫歯が見つかってしまった場合できるだけ金属を用いない精密な治療が必要です。

恵比寿南DENTALでは定期検診だけでなく、マイクロスコープやCTを用いた精密検査、精密治療に力を注いでいます。
歯医者さんから足が遠のいてしまっている方、治療途中の患者様は、いつでもお気軽に恵比寿南DENTALまでご相談ください。

一覧に戻る