銀歯を使わない虫歯治療!①
News Detail

こんにちわ。
恵比寿駅近くの歯医者の恵比寿南DENTALの院長井出です。

前々回から銀歯による治療のトラブルについてお話しさせて頂きました。

改めて銀歯のトラブルの原因として
①付けているセメントの劣化
②金属という材質の影響
③虫歯になるリスクが高い

が挙げられます。

今回からは銀歯以外の修復材料の種類と特徴を紹介させて頂きます。

①コンポジットレジン
②セラミック
③ハイブリット
④ジルコニア

と様々な修復材料が挙げられます。

①コンポジットレジン

まずはコンポジットレジンというプラスチックの材料です。こちらは部分的な虫歯に使われる虫歯の治療の第一選択になる材料です。
白い樹脂を虫歯を削った場所に詰めて光を当てて固める治療を行います。
基本的に当日で治療は完了し、白い材料で治りますし保険適応内の治療ですので費用も安く抑えられます。
ですので初期の虫歯やそこまで大きくない虫歯にはこちらも用いて治療を行うことが一般的です。
しかしデメリットもあります。
まず詰め物としての強度は弱いので欠けてしまうトラブルや、噛み合わせのチカラが掛かる奥歯では強度が足りずプラスチックと歯の間に歪みができやすく、その歪みが隙間となり二次的な虫歯になるリスクが高い材料です。
またコンポジットレジンを歯と接着させるには本来ラバーダム防湿というゴムのマスクを付けて唾液や汚染物質から完全に歯を遮断する必要がありますが、日本の歯科医院ではほとんど行われていません。それは歯科医院側が悪いのではなく保険診療の範囲内ではそれほどの時間と材料費を掛けてしまうと経営が成り立たなくなってしまうからです。
悪い言い方をしてしまいますと、歯科医院側は簡単に短時間でとりあえず治っているように見せることができ、患者様側からしましても安く白い材料が入って満足してしまいしっかり治ったと勘違いしてしまうのです。
しかしこのような治療では将来的に再感染のリスクは非常に高く、気づいた時には重篤な虫歯が進行しているケースがよく見られます。
ですので、とりあえず白い材料で詰めておきました!ということは将来的に大きなリスクを伴う場合もあるのです。
患者様が銀歯じゃないから安心してたけど、まさかこんなことになっているなんてと驚かれる場合が多くあります。
もちろん保険診療のプラスチック材料で良い状態に修復できるケースも多くありますが、まずは適切な材料を見極めそれに沿った正確な処置を行う必要があるのです。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 虫歯
こちらの患者様は適応範囲を超えたプラスチックの材料コンポジットレジンが詰められており、一部破折がみられ詰め物の下には虫歯が認められます。

この治療は他院で2年前に行われたということで、わずか2年で一度治療した場所にまた虫歯が再発してしまっています。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL セラミック治療
今回は強度的にプラスチックの適応範囲外のためセラミックを用いた治療となりました。自然な仕上がりとしっかり咬めるということで患者様には大変ご満足頂けました。

次回はセラミック、ハイブリット、ジルコニアの材料についてお話ししていきます。

恵比寿南DENTALでは虫歯治療を行う際には必ず各材料のメリットデメリットを説明させて頂き患者様に納得して頂いた上で治療を進めて参ります。
またプラスチック材料の下の虫歯も見逃さないよう精密な診査診断に力を入れています。
いつでもお気軽に恵比寿南DENTALまでご相談ください。

一覧に戻る