妊娠と歯周病①
News Detail

 

こんにちは。恵比寿駅近くの歯医者、恵比寿南DENTALの衛生士です。

本日は妊娠・出産と歯周病の関係についてお話しさせて頂きます。

なんと現在の日本では10人に1人が低体重児・早産という異常事態だと言われています。特に歯周病があると高齢出産や飲酒よりはるかに高リスクであるというデータがあります。

 

低体重児、早産のリスクが歯周病により7倍以上に跳ね上がると言われており、リスクが高いと言われる高齢出産よりもはるかに高いです。

やっと授かった念願の赤ちゃんですので、万全な体制で赤ちゃんの健康な誕生を迎えたいお母様やお父様は是非歯科医院へ受診ください。

なぜ歯周病により低体重児、早産のリスクが上がるのでしょうか?

これは歯周病菌にが作る毒素が血液を介して胎児に送られ、胎児の健康的な成長を直接阻害してしまうのです。またその毒素の影響により子宮の異常収縮が起きることが原因と言われています。また日本では妊産婦の約8割が歯周病に罹患していると報告されており、これは一般成人の罹患率を上回る数字となります。妊婦の場合、妊娠の影響により歯磨き粉や洗口剤の味や匂いがダメになりお口のケアが難しくなってしまうことが多いです。また妊娠によるホルモンバランスの変化により妊娠していない時よりも歯周病になるリスクは上昇すると言われています。

生まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守るには、まずママの口元から改善していくことがとても大切です。
妊娠中は、つわりや体調不良で歯磨きが疎かになってしまったり、女性ホルモンの増加によって体だけではなくお口の環境が変化するので、虫歯や歯肉炎などのさまざまなお口のトラブルが起こりやすくなると言われています。

女性ホルモンが増加することで

・歯茎が腫れやすくなった
・出血をしやすくなった
・唾液の量が減って口の中がネバネバしやすくなった
・親知らずの周辺が腫れて痛む
・口臭が気になる

などの症状が多くみられます。

唾液の減少により細菌が増えると、お口の中が虫歯になりやすい酸性の環境に傾くため注意が必要です。しっかり歯磨きをしていただくことが大切ですが、つわりで体調が崩れることもあります。
歯磨きが気持ち悪くなりやすい方にはヘッドの小さい歯ブラシがおすすめです。
どうしても歯ブラシが使えないという方はフロスや歯間ブラシ、洗口剤を使ってお口のケアをしてみてください。
また、歯磨きをする時に首を曲げて下を向くのもいいそうです。
音楽を聴きながら、お風呂に入りながら、などの”ながらみがき“もリラックスできるという声もあります。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 歯周病
こちらは妊娠6ヶ月で当院を受診された患者様です。
下の前歯の裏側に歯石で覆われています。

 

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL 歯周病
こちらは歯石を除去したあとになります。歯肉が赤く腫れて炎症を起こしています。

 

恵比寿南DENTALでは妊娠中の患者様や産後のお母さんのお口のメンテナンスも安心安全に行えるよう最大限に配慮致します。当院は完全個室ですし、ベビーカーも楽々入れる広さを確保してありますので安心して通院して頂けます。どんな小さな事でもお気軽に恵比寿南DENTALにご相談ください。

一覧に戻る