銀歯のトラブルをインプラントで解決‼︎
News Detail

こんにちわ。
恵比寿駅近くの歯医者の恵比寿南DENTALの院長井出です。

先日当院で行いましたインプラント治療について紹介させて頂きます。

 

[患者]

40代代男性

 

[主訴]

左下の奥歯が揺れてる気がする
咬むと痛い

[診断]

術前のレントゲン写真です。
恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL インプラント
左下の奥歯には古い金属の土台と被せ物が入っていますが、根っこと土台の間に明らかに隙間が認められます。
歯周ポケット検査をしますと隙間があるエリアだけ歯周ポケットの値が9ミリとかなり大きい値でした。
このようなケースでは根っこが割れてしまっているケースです。

神経治療を行い金属の土台と被せ物を入れた場合、金属は歯より硬い素材なので強い力が加わると歯を壊してしまいます。
そして根っこが割れてしまうとその歯は抜歯の適応になることが多いです。
今回も左下奥歯の歯根破折と診断し、患者様に状況を説明し納得頂いた上で抜歯を行うことになりました。

そして抜歯後の選択肢としてはブリッジとインプラントが一般的です。
それぞれの治療にメリットデメリットを説明したところ、患者様はできるだけ健康な歯を削ることは避けたいという希望からインプラント治療を選択されました。

[治療方法]

まずは割れてしまった歯の抜歯を行いました。
抜歯をしてみると中には亀裂から感染を起こしてしまった腐った組織が認められました。
それをマイクロスコープを使いながら丁寧にすべて除去し、骨ができやすい環境に整えて傷の回復を待ちます。

今回は抜歯後3ヶ月待機してからのオペとなりました。
抜歯後2ヶ月後にCT撮影を行い骨の回復状態を診査診断をします。
また正確な場所に最適な長さと幅のインプラントを埋入するためにサージカルガイドという器具の準備を行います。
当院ではインプラントのオペの場合は必ず事前にコンピューターで安全な位置にインプラントを入れる為のシュミレーションを行い、安心安全な治療を提供できるように心がけています。

術後のレントゲンの写真です。
恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL インプラント治療
正確な位置にインプラントがしっかりと埋入されていることが確認できます。

術前術後のお口の中の写真です。

恵比寿駅 徒歩3分の歯医者 恵比寿南DENTAL インプラント

手術の時間は約30分で縫合まで終了し、麻酔も虫歯治療などと同量で行うことができましたので患者様への身体的負担は最小限に抑えることができました。

患者様は歯を失ったことは本当にショックだったが、インプラント治療でまた新しい歯ができるのが楽しみだと喜んで頂けました。

 

[治療回数]

今回は初診時の検査から抜歯、そして2ヶ月待機後CT撮影、ガイドの準備と術前クリーニング、インプラントオペと合計5回でインプラントの埋入を完了することができました。

ここから約2ヵ月待機し、インプラントと骨の結合を確認次第セラミックのクラウンをセットする予定です。

今回のケースのように金属の土台、被せ物により歯の根っこが割れてしまうことはよくあります。
恵比寿南DENTALでは可能な限り歯の保存にこだわり金属を使わないメタルフリー治療を積極的に行います。
歯を失われない為にできること、失ってしまった場合はこれ以上失わない為にできることを患者様に提案し、可能な限り患者様の自分の歯で快適な生活を送って頂けるような治療を提供致します。
金属が入っているから心配、インプラント治療の相談をしたい等どんな小さなことでもお気軽に恵比寿南DENTALまでご相談ください。

一覧に戻る